上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

こんばんわ~ヾ(●´ω`●)♪ 

今日の記事は重いし。暗いしー。

ただわんママが思ってることをつらつら~と並べただけですので、

暗いのあんましーって方は、スルーなさって下さいませませ。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


今日の記事を書くのに、

どうしよう。毎日のように普通にてんてんのことを書こうか?

それとも大震災にふれて書こうかと、とても悩みました。


何故悩むのか?

まず、言葉でこの気持ちをどう表わしていいのかがとても難しい。

そして、実際に被災していない自分が、言葉を文章に表すことによって、

余計に辛い思いをされる方がいるかもしれない・・・

言葉というのは、救いにもなり、時には凶器にもなりますから。

ですが、私なりに思ったことを書きとめておくことにしました。


2011年3月11日。

今を生きている私にとっても、皆さんにとっても、忘れられない日になりました。 


「この1年で何ができたであろうか?」

この言葉が胸に突き刺さります。

恥ずかしながら、

胸を張って、「この1年、私こんなことをして役に立てたよ!」

って、言いきれることがないのです。


ボランティアに行こうか。

少しでも東北の方が安心できるように、手を握りにいこうか。

行き場のないワンちゃんやネコちゃんを預かれないだろうか。


様々な思いが、頭の中でぐるぐるしていた1年。

私ができることと言えば、募金して・・・

被災された方々のことを想うばかり・・・

想っても想っても、実際に被災していない私にどこまで痛みを分かち合えるのか?

愚かな自分は、苦しいであろう、辛いであろう・・と、想うということしかできなく、

悲しいことに実際の痛みなんて、その方にしか分からないのが現実です。


何か役に立てることはないかと、実行しようにも、

仕事が忙しいからなどと、何かのせいにする自分。


テレビで少しでも前に進んでる場面を見て、安堵し・・

笑顔で写っている被災者の方の笑顔を見て安堵し・・・

そして現実はまだまだ安堵できるようなものではないことを知って泣く・・・


そんな不安定な自分。

「できることから」

ずっと頭にありました。


私に何ができる?

どうすればいい?


自問自答の毎日。

でも答えなんてでないまま、日が過ぎていきました。


で、ある日思ったのが、

「被災していない自分が被災された方々から命を学ばさせて頂いている。」

「生きることへの勇気を頂いている。」

と、いうことです。


自分は非力です。

毎日を生きることで精一杯です。

自分はちっぽけなことしかできません。

何も形として残ることはできません。

だからよりいっそう僧侶として命を伝えて行こう。

生きるということを伝えて行こう。


そう思いました。


生きることは苦しいです。

みんなみんな「苦」を持って生れてきました。

でもそれが生きているということなのです。

生きた分だけ苦があります。

だけど生きた分だけ喜びもあるのです。


被災し、津波に流され命を落とした方々・・どれだけ無念であったであろうか?

まさか自分がそんな形で命を落とすなんて思ってもみなかったであろう。


自分が今生かされていることのありがたさを実感できる人間になれたら、

目に見えない幸せを感じとることができたなら、

どれほど残りの人生を大事に生きれることでしょう。

どれだけ命の尊さを感じることができるでしょう。


理想とするか現実とするかは個々のことです。

どちらでも構わないのです。

どちらになっても、今自分は生きているのだから。

それだけで、本当は幸せなことなのかもしれません。


一緒に「今」を生きませんか?

過去未来すべてが大切ですが、「今」を意識して生きませんか?


少し立ち止まり、コンクリートの脇を見ると、

寒い冬を乗り越え、どこに土があるかさえ分からないところに

小さな花は咲いています。


未来ばかり見ていても、その花には気づけません。

過去にとらわれていても、その花には気づけません。

その花は「今」を生きているのですから。


いのちの不思議。

あなたはどこから来てどこへ還るのですか?

だーれにも分かりません。

そんないのちの不思議を問いながら、一緒に生きていけたら幸いです。 


そして忘れてはならないのが、

人間だけでなく、この震災で沢山の小さな命達も犠牲になったということです。

種が違うだけで、人間と何変わらぬ命。

どんなに怖かったことか・・・

ワンちゃんやネコちゃん、小鳥・・小動物。草木までもが犠牲になりました。

未だ飼い主さんと離れ離れになって、脅えている子達が沢山います。

どうか・・どうかこのかけがえのない小さな命達にも、

安らげる日が一日も早くやってきますように。


長々と読んで下さってありがとうございました。

また、乱文をお許し下さいませ。


改めて、被災された方々に心からのお見舞いと、

亡くなられた方に、追悼の意を表します・・・・・

どうか一日も早い復興と、笑顔あふれる毎日が訪れますように☆彡 


わんママ♪ 



最後に今月のうちのお寺の掲示板です。



「いのちのバトン」


父と母で二人

父と母の両親で四人

そのまた両親で八人

こうして数えていくと・・・・

過去無量の命のバトンを受け継いで

今ここに自分の番を生きている

それがあなたの命です

それが私の命です




※今日はコメ欄クローズでーす。

   やポチっと押してくれたら嬉しいな~みみに

       

           





関連記事
スポンサーサイト
2012.03.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://wan10.blog.fc2.com/tb.php/86-9cb7cd43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。